ニキビ跡に効果的なピーリング洗顔とは

ニキビ跡をセルフで治す場合、肌のターンオーバーを促すことが重要になってきます。肌のターンオーバーは普段の生活習慣やスキンケアにより促すことができます。その中でも重要になるのが洗顔方法です。ニキビ跡の洗顔には弱酸性の成分を配合したピーリング洗顔が有効です。今回は、ピーリング洗顔についてご紹介します。

 

ピーリング洗顔とは

 

グリコール酸やフルーツ酸、サリチル酸などの酸性成分を配合した石鹸を使用した洗顔方法です。酸性成分が肌の古い角質や毛穴の汚れを除去し、肌のターンオーバーを促します。

 

ピーリング洗顔使用時の注意点

 

ピーリング洗顔は、洗顔剤の種類により使用頻度が異なるので、使用前に必ず確認するようにしましょう。洗顔のやりすぎは肌に刺激を与えてしまい、ニキビ跡に逆効果となってしまいます。まずは週1回から始め、使用頻度を確認しながら肌の様子を見ましょう。

 

洗顔方法

 

洗顔を泡立てる際はきめ細かい泡を作るようにしましょう。洗顔ネットを使うと簡単にきめ細かい泡を作ることができます。洗顔を泡立てたらニキビ跡に泡を乗せ、しばらく待ちます。

 

ピーリング洗顔は肌への刺激が強いので、目の周りや口の周りなどの皮膚が薄い場所には使用しないように注意しましょう。洗い終わったらぬるま湯でしっかりと泡を落としましょう。

 

洗顔後のスキンケア

 

角質や毛穴の汚れを除去した後の肌は、肌の水分保持力が低下しています。洗顔後はすぐにスキンケアをし、保湿をしましょう。普段より念入りに保湿ケアをするようにしましょう。