ビタミン剤おすすめランキング@疲れた時はこれ

アメリカ産のサプリメントについて

 

サプリメントが最も進んでいる国というとアメリカなのですが、日本と比べて法制度がゆるいという部分もあり、アメリカのサプリメントに対して怖いと思っている人も多いそうです。しかし人によってはアメリカのビタミン剤は日本のビタミン剤より安全であるという主張もしています。どうしてでしょうか。

 

まずアメリカは消費者意識が高いため、中立な立場からのランキングや評価をしている情報が非常に多いということです。これによって淘汰された商品が基本的に残っているので、安全性が高いということになります。また訴訟が多い国としても有名なので、下手な商品は出せません。

 

アメリカのビタミン剤だからといって日本人に合わないと主張する人もいますが、人間であればビタミンの働きかけは基本的に皆同じです。ただ普段の食生活に違いがあるため不足する栄養素が違うだけです。それを理解して摂取することが肝心だということです。また日本よりもアメリカの方が医学や健康に対する研究が進んでおり、特にアメリカはサプリメントを若者が普段からボリボリ食べる国なほどに進んでいるのです。ですから日本の商品よりも進んでいると言えるでしょう。

 

ただどうして日本ではそのように心配されているかというと、日本に入ってくる商品の中には本国では売られていないような怪しいものが入っていることもあるからです。ですからアメリカ産のサプリメントを安全に使うには、本国で購入するか信頼出来る情報やバイヤーを通して入手する必要があるのです。

 

ビタミンCが腎不全の原因になる?

 

美肌や健康のために有効なビタミンと言えば、真っ先に頭に浮かぶのはビタミンCという人も多いのではないでしょうか。そんなビタミンCですが、腎不全につながるケースもあると言われているのをご存知でしょうか。

 

腎不全を引き起こす原因として腎臓に出来る結石があるのですが、これを作り出すのがシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムです。これが腎臓から尿道という尿路に出来ると「尿路結石」と呼びます。この原因になるシュウ酸がカルシウムと結びつくことで出来るのですが、シュウ酸は多くの食品に含まれているので、完全に無くすことは出来ません。特に男性は発症しやすいので注意が必要です。シュウ酸は特にホウレンソウやバナナ、ナッツ類、コーヒーなどに多く含まれています。

 

ビタミンCがどうして腎不全と関わっているのかというとシュウ酸と関係があるからです。実は摂取したビタミンCの一部はシュウ酸に変わることが知られていて、過剰摂取によってシュウ酸として小腸で吸収され腎臓に運ばれカルシウムと結合して腎臓結石、腎不全を引き起こすのです。

 

普通の食事からではビタミンCが過剰になり腎臓のトラブルを引き起こすようなことはほとんどありませんが、高齢になったりすでにトラブルが生じている段階では注意しておく必要があります。腎不全になれば人口透析が必要となり、経済的にも時間的にも莫大な損失を被ることになります。腎臓は80年間取替え不要の浄水器のようなものです。大事に使いましょう。

 

ビタミン剤で便秘を改善

 

ビタミン剤の中にも便秘に効くものがあり、便秘に悩む人の強い味方になってくれるようです。特にアンチエイジングビタミンとしても知られるビタミンACEに加えてビタミンB1は生活習慣病の予防や便秘改善にも効果的です。

 

ビタミンAはストレス解消や活性酸素の除去、消化管の働きの正常化などの作用をし、ビタミンCはストレスからくる便秘に有効です。ビタミンEは血行を良くする作用があるのですが、これによって筋肉の動きも改善されて腸のぜん動運動も活発になって便秘改善に有効な働きをします。またビタミンEには「プロタグランディン」という腸のぜん動運動を活発にする物質の合成を促す作用もああります。ビタミンB1は腸の蠕動運動を高めたりし、便秘予防のビタミンとして有名です。同様の効果を持つパントテン酸やビタミンEと一緒に摂取するとさらに効果的なのだそうです。

 

便秘解消に有効なビタミンの量というのは結構多く、ビタミンEなら1日300mgぐらいの摂取が必要となります。痔にも有効でその場合には600mgほど取ると良いそうです。

 

様々な健康効果がビタミンにはありますが、便秘の原因や便秘によって生じているトラブルの改善に有効です。これらのビタミンは便秘から生じる肌荒れなどの影響も緩和してくれるので、非常に体にとっては嬉しい働きが多いのです。便秘になったら便秘薬も良いですが、よりマイルドに体の自体的な力で直したいという場合には、こういったビタミン剤を利用するのが良いかもしれません。

 

脂溶性ビタミンと水溶性ビタミン

 

ビタミンは美肌効果があることで有名ですが、多くのサプリメントを飲むことで少なからず肝機能に悪影響が出ると言われています。出来る限り安全性の高いビタミン剤を選ぶことが大切です。ビタミンは13種類もあってそれぞれに性質や効能があります。これらを全て把握するのは正直に言って難しいと思いますが、ある程度の傾向が分かっていると良いでしょう。

 

油脂分に溶けやすい脂溶性ビタミンにはビタミンA、D、E、Kなどがあり、ビタミンAは皮膚や目を健康に保つ効果、Dはカルシウムの吸収を助けて丈夫な骨や歯を作る効果、ビタミンEは活性酸素を除去する抗酸化作用、血液凝固作用を持ったビタミンKといった効果になっています。おおよそ体を作る部分に携わっているものは脂溶性のビタミンです。

 

そして水に溶けやすい水溶性ビタミンは残りのビタミンになるわけですが、ビタミンB群はエネルギー代謝をサポートしてたんぱく質や赤血球の合成をします。ビタミンCは美肌作用や抗酸化作用によって血管や肌を保護します。またパンテトン酸は脂質や糖質、たんぱく質の代謝を助け、ナイアシンはエネルギー代謝やアルコール分解を促します。葉酸は赤血球の産生に働きかけ、ビオチンは皮膚や毛髪の健康維持に有効です。主に水溶性のビタミンは体内の代謝を助けたり機能維持などに働きかけます。

 

水溶性のビタミンは体内への吸収がよく、循環して排出されるのも早いビタミンです。一方で脂溶性のビタミンは吸収がそれほど良くありません。体内に長く残って様々に利用されますが、一方で過剰になると悪影響が生じる場合もあります。ビタミンの特徴を分かって賢く健康維持に役立てましょう。

 

丈夫な骨作りにビタミンD

 

最近は骨が弱くなっている子供が多いそうですが、この原因のひとつにはビタミン不足が指摘されています。骨を強くするというと必要な栄養素は基本的にはカルシウムなのですが、このカルシウムと共に骨を強くするために必要なのがビタミンDです。ビタミンDは体内で合成することが可能な数少ないビタミンのひとつで、そのビタミンDの合成のためには日光を浴びることが必要だと言われています。紫外線を気にしすぎるあまり日光を浴びる機会が少なくなっていることも骨が弱くなっている理由と言われています。

 

食事をすることによって体内にカルシウムを摂取すると、胃液で消化されて小腸の壁から吸収されますが、ビタミンDがないとうまく吸収されません。ビタミンDが不足するとカルシウムが不足し骨や歯が弱くなってしまうのはこのためです。

 

骨粗しょう症で悩む人が増えるのは特に更年期にさしかかった女性から多くなりますが、この時期はホルモンバランスの変化などもあって体内のカルシウム消費が非常に多くなります。ですから意識してカルシウムを摂取しておかないと体がすぐに脆くなってしまいます。

 

日本人女性は欧米人と比較してカルシウムの摂取量が少なく、元々の水の問題や食生活の問題があると考えられます。カルシウムの摂取はもちろんビタミンDをしっかり摂取することによって骨を丈夫にすることは、現代人にとってとても大切な課題です。長寿国日本ではありますが、骨が丈夫でないと老後の生活を楽しむこともままなりません。普段からしっかり骨作りにも励みましょう。

 

アスリートこそ大事にしたいビタミン

 

ビタミンは体の健康を維持するために大事ということはよく知られていますが、各ビタミンの働きや目安摂取量は覚えようとしてもなかなか覚えられないものです。栄養の専門家でなくては全部はなかなか覚えられませんが、自分に必要な分は覚えておきたいところです。

 

体育会系の運動などを頑張っている人なら、免疫力を高め、目に特に有効なビタミンAはしっかり摂取したい栄養素です。運動によって消費が激しくなるので、推奨量よりも多めに摂取すると良いでしょう。ただし、レバーなどの動物性食品よりも、なるべく野菜のβカロテンからの摂取にした方が副作用の心配が少ないです

 

また、ビタミンEは細胞の酸化を防ぎ、疲労回復や機能維持に大事なビタミンです。ビタミンCと一緒に摂ることで抗酸化力がさらに高まるのでできるだけ摂取するようにしましょう。ビタミンCはドリンクなどでも摂取が簡単にできるビタミンで、滅多に今は不足することはありませんが、非常に多くの働きをして利用されているため、頻繁に補給しておいて損はありません。

 

ビタミンB群はエネルギー代謝や脂質の代謝、タンパク質の代謝に関わっている大事なビタミンですから、しっかり摂取しておかないと疲労がたまりやすくなりますし、また肝心なときに力が出なくなります。トレーニングの際にはしっかり摂取しておきましょう。

 

こうした効果があるので、普通の人の健康維持に利用する分よりもトレーニングに励んでいるアスリートの方は意識的に多く摂取する必要があります。サプリメントなども利用し、体を作るだけでなく体を整えるところにも意識を高め、良いパフォーマンスを発揮しましょう。

 

⇒ ビタミン剤の人気ランキング@疲れたときにおすすめはこれ

 

自然脱毛と異常脱毛

 

抜け毛の原因は一体どこにあるんでしょうか。その鍵を握るのは毛根といわれています。毛根を調べると、抜け毛の原因まで分かっちゃうというのですから、驚きですね。まずは、自分の体を把握することから始めましょう。毛髪についてのメカニズムを、しっかり頭に入れることが大切です。

 

抜け毛と一口に言っても、種類があります。まず、自然に抜け落ちるものを、自然脱毛と呼んでいます。これは、毛髪の生え変わるサイクルが関係しており、何の問題もないものです。一日にどれくらい抜けるかというと、大体50〜100本といわれています。このサイクルが乱れると、異常脱毛が始まります。

 

異常脱毛というのは、毛根を見れば判断できます。その形を見るのです。それにより、どんなことが毛髪に起きているのかが分かるのです。毛根が丸く膨らんで、まるでマッチ棒のような形をしている場合は自然脱毛なので問題ありません。このような形でなければ、異常脱毛の可能性が高いです。

 

自然脱毛と同じような形でも、膨らみが少ないものがあります。これも一応自然脱毛なのですが、要注意といえるでしょう。ここが大きいかどうかはとても大切。少ないという事は、毛根組織が弱っているということだからです。

 

膨らみが全くない場合もあります。これは明らかに異常脱毛です。栄養が届いていないと、膨らみのない形となるのです。栄養不足ではしっかりとした髪が生えずに、抜け毛が増えてしまいます。食生活に気をつけましょう。その他、ふくらみの部分が太くて短いものや、白い膜がついていたり、色が濃かったりした場合も異常脱毛です。

 

⇒ 女性の抜け毛を防ぐサプリはあるの?妊娠・産後の女性にこれがおすすめ